鉄骨造の併用住宅建方検査に立会

本日、構造設計者立会いのもと、建方検査を行ってきました。下げ振りにて柱が鉛直にきちんと立っているかを確認し、ベースのボルトやナットの状況、デッキプレートの溶接ピッチの確認など、各階隅々まで検査していきます。

建方が行われると、それまで基礎しかなかった敷地に建築の骨格が浮かび上がるため、スケール感がよりリアルに体感できるようになります。楽しみですね!