検査から打ち合わせ

基礎配筋工事が終わり、梅雨の合間となった本日は、基礎配筋検査を実施しました。構造設計担当の森永氏に立ち会いをお願いし、STAとダブルチェックで検査を行っていきます。今回の計画地は若干の高低差がある微地形のため、基礎スラブもいくつかのレベルに分けて計画しています。各スラブを支える基礎梁もひとつずつサイズが異なるため、しっかりと寸法の確認をしていきます。

6メートルスパンの柱の無い大空間も計画しているため、基礎梁でもしっかり建物を支えてもらう設計です。

それにしても、職人さんは鉄筋の上を器用にスタスタ歩くのに比べ、、、足元がおぼつかないこと。それでも無事に配筋検査を完了し、是正箇所の指示をしてまいりました。

検査の後は、プレカットの打合せ。樹種の確認から、各柱梁のサイズ、1階、2階、屋根の各所ディテール検討まで、濃密な打ち合わせとなりました。建て方まで数回の打ち合わせと修正を重ねていきます。