建築計画の個別説明

「名古屋市中高層建築物の建築に係る紛争の予防及び調整等に関する条例」

長い名称ですが、俗に「中高層」と呼んでいるこちらの条例は、指定地域に一定規模以上の建築物を計画する際にかかる条例です。一定規模以上ということで、高い建物が建てられると、周辺住宅の日照やテレビ電波を遮ってしまったり、工事中の騒音などで周辺住民にご迷惑をおかけしてしまう恐れがあるため、事前に近隣の方々へ建築計画の説明を義務づけています。

条例に沿って標識を設置し、個別説明へお伺いしてまいりました。

お会いできた方々には直接ご説明させていただき、ご不在の方には不在票と資料を配布させていただきましたお会いできた方々には直接ご説明させていただき、ご不在の方には不在票と資料を配布させていただきました。