喫茶ユキ

計画地:愛知県  用途:喫茶店・住宅  規模:鉄骨造3階 159.65m2  施工:株式会社 千田工務店  写真:谷川ヒロシ

名古屋の喫茶メシである「鉄板スパゲッティ」の発祥のお店、「喫茶ユキ」。車道商店街に店舗を置き、1957年の創業から60年以上ものあいだ、地域に愛されつづけてきた昭和の古き良き老舗喫茶店。しかしながら、都市計画道路の開発により移転を余儀なくされ、旧店舗から数件離れた新しい場所でリニューアルオープン。オーナー夫婦のご要望は=(イコール)店舗を残してほしいと願う、地域の常連客のそれぞれの思いであった。旧店舗の雰囲気をなるべく残したいという思いから、白を基調とした店内に木腰壁を採用し、要所に木の素材感を感じることができる内装。

客席やカウンターのペンダント照明も、旧店舗で使用していたものを再利用。

パーティションに設けた飾り柱もオリジナルで制作し、旧店舗の随所に設置されていたこだわりの一品を再現。

旧店舗同様に、奥行のある庇を設け、お店の活気が程よく見える開口によって、地域の憩いの場となることを期待している。

 

 

 

60年以上地域から愛され続けた旧店舗